スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.06.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

我が家の春

 全く毎日毎日雨降ってるし、寒いし、そのくせ花粉は飛んでて目が痒いし…嫌な季節だよなぁ、全く。出かけまくっていた我が家ですが、最近はお天気のせいもあって、すっかり家に引きこもり派(笑)毎週末必ず外食してたけど、今週は外食ゼロ!まぁ、節約できて良かったかな。

せめて身の回りだけでも、春っぽく明るくしたい!と思い、お花を購入。パンジーとビオラの寄せ植えを作ってみたよ〜色とりどり、綺麗でしょ。何気に着々と植物が増えている我が家です。暖かくなったら、寒さに負けて枯れちゃったバジルを植えなおしたり、ミニ野菜栽培にも挑戦したいと思ってるとこです。ミニ人参とか、可愛いよね〜





今夜の夕飯は、パパ作のイワシのつみれ汁と、ママ作グリンピースご飯。油を使わない料理、さっぱりして美味しかった〜最近パパはダイエットが順調に進み、痩せてきたので、ヘルシー料理にも力が入っております(笑)




康たんは背伸びしたいお年頃らしく、「赤ちゃん」と言われると「違うよ、もうお兄ちゃんだよっ!」と反抗します。それが面白くて、ついついからかってしまう意地悪な私(笑)

ママ「ねぇ〜赤ちゃんごっこしようよ〜バブバブ」
康 「康ちゃんはお兄ちゃんだから、バブバブ言わないっ!」
ママ「へぇ〜じゃ、なんて言うの?」
康「オニオニ、だよ」

お兄ちゃんだから、「オニオニ」らしい。思わずプッと吹き出しちゃいました。相変わらず発想が単純で面白いね〜

お金にも興味が出てきたようなので、ちょっと早いかと思ったけど、ちゃんと自分でお着替えできたりお手伝いしてくれた時には10円あげることにしました。そして自分の貯金箱にチャリ〜ンと入れるのが楽しいみたい。そして、これまた自分のお財布にためた小銭を入れて、ビデオ屋さんに行って好きなDVDを借りるというのも、お兄ちゃんっぽくて嬉しいみたいです。

3歳5ヶ月、まだまだ自分中心の時期ですが、最近は周りの様子を察して動けるようにもなってきたなぁと感じることも。今日も掃除機をかけていた時、リビングでブロックで遊んでいた康たんは、ブロックやクッションなどをおもむろにソファに載せ始め、自分もソファの上へ。「お掃除の邪魔でしょ」だって!んまぁ〜なんて気が利くこと!ちょっと感動してしまいました(笑)このまま、気の利く男に育って欲しいものだわ。




家族で雛祭りパーティ

 先週はずっと天気が悪くて、ほんと憂鬱だったわ〜康たんのお迎えも、苦手な車で行かなきゃいけなくてさ。ほんと車の運転って、生きた心地がしなくていまだに苦手…

週末は雨はやんだものの、やっぱりお天気イマイチ。何となくけだるくて、仕事以外はどこにも出かけずでした。康たんは、パパとまた地下鉄博物館に行ったらしいが。「さすがに飽きた」とパパ談(笑)でも近いし安いし、電車好きな子がいる家庭には便利な場所だわね。

我が家にはあんまり関係ないとはいえ、もうすぐ雛祭り。保育園ではお雛様の飾りを作ったりしているようで、「今日お雛様とお内裏様作ったよ〜3日は雛祭りだよ〜」とか言って楽しげな康たん。家ではなんの飾りつけもしないってのも寂しいし、残ってた紙粘土で作ってみたよ。

なんだかお内裏様がオバQみたいな顔になっちゃったけど(笑)




制作活動をしたのは、沖縄でのシーサー色付け以来だったけど、やっぱり何か作ってる時間って楽しいわ〜康たんも紙粘土に絵の具を混ぜたり、折り紙を糊で貼って「お雛様のおうちだよ〜」とか言いながら、楽しんでいました。

そして夕飯は散らし寿司!卵汁はパパ担当。あとは沖縄で買ったパイナップルワインとマシュマロ&生クリームで作った簡単パンナコッタを添えて。品数少なくて豪華ではないが、なかなか美味しかったよ〜何だか「春ももうすぐそこ!」って気分になれるね、ひな祭りって。

最近忙しさにかまけて、掃除や料理など、家の中のことをちゃんとしてなかったんだけど、そういう日々が続くと何だかすさんだ気分になっていくのよね〜ギスギスしてくるというか。この前本屋を一人でブラブラできる時間があって、ふと目に留まったのが料理家の有元葉子さんの「暮らしを変えたい!−衣食住50のヒント−」という文庫本。有元さんの顔と名前を知っているくらいで、本は見たことなかったんだけど、ビビっと来て思わず買ってしまいました。

お料理やインテリア、ファッションの話色々なんだけど、時々はさまれる写真もお洒落でステキだし、
すごく優雅な気持ちになれるの。毎日の通勤電車の中でちょこっとずつ読んでるんだけど、ここが満員電車の中だということを一瞬忘れさせてくれます。そして無性に、家の掃除やお料理がしたくなる!

「調味料を本物の味に変えてみると」ってところなんて、「あぁ〜天然にがりの自然塩…美味しそう〜」って思わずため息(笑)器の話のところを読むと、食器売り場に駆け込みたくなっちゃうし。読みながら、「うちだったらあそこをこうして…」なんて、妄想しながらワクワク。

生活を豊かにするって、そんなに難しいことでもないし、時間がないとできないってわけでもない。色々アイデアが沸いてきて、それを少しずつ実現させていくのって楽しいものです。こういう美意識に関する本や雑誌を見ると、凝り固まった気持ちがほっこりして、リラックスできるわぁ…そしてモリモリやる気が沸いてくるっ!最近、読書といえば仕事関係の本か康たんの絵本くらいだったけど(笑)久しぶりに自分の世界に没頭する心地良さに浸っています。






マンマ・ミーア!とお好み焼き

 昨日の土曜日、2月末までの映画割引チケットがあったので、ポニョ以来の映画を観に行ってきました。康たんも一緒に見れるようなのがなかったので、パパと交代で見ることに。私は評判が高い「マンマ・ミーア!」を見ようと思ってたんだけど、なんとパパもそれにしたいと。え〜あれって女性が見て楽しい映画じゃ…

まずは私が見たんだけど、この映画、ミュージカルなんだよね。普通に喋ってるなぁと思うと突然歌い出し、しかも終始ハイテンション。うっ、私ミュージカルちょっと苦手なんだよね…と思って最初やや引いてたんだけど、クスッと笑えるところも多く結構楽しめました。主演の女の子はすごく可愛かったし、メリル・ストリープを見ていると、「歳をとるのも悪くない!」と思えたし。でもさ、やっぱりこれパパが見てもピンとこないんじゃ…

ところが、交代で見終わったパパを出迎えると、ニッコニコで「あ〜面白かった!サイコー!ああいうの、大好き!」だって(笑)家に帰ると早速ネットで、映画中に流れていた歌を探して聴いてるし。相当気に入ったようです。やっぱりうちのパパって変わってるかも…

この映画は母と娘の絆や女の友情を描いていたけど、早速その夜女の友情を強めに、第二回毒ママ会に行って参りました!残念ながらはーくんママは、旦那さんの都合がつかず欠席だったけど、ナナママ&桃っちと隣駅でお好み焼きをつつきながら、語りに語りましたよ〜そうそう、私達、まだ若く見えるんだと判明。お好み焼きやのおやじが、「今は金持ちの男をつかまえるしかないよ〜今度店で合コンするから、来るといいよ!」と声をかけてきたのです(笑)あら〜独身に見えちゃった?フフフ〜まだまだいけるわ、私達。…と気を良くした3人、その後お喋りが止まらなくなり、おやじの「そろそろ帰れば?」ムードも無視してたのでした〜あぁ、楽しかったわ。久しぶりのお好み焼き、すごく美味しかったし。

そして一夜明けて今日は、私の友達が遊びに来る日。結婚して、4月から旦那さんについてアメリカに行っちゃう予定。康たんがまだ赤ちゃんの頃にも遊びに来てくれてて、その時はまだ喋れなかった康たん、美人の彼女に対し「ババァ〜」と言ったという逸話が残されています(笑)生憎、彼女が我が家に到着した時、康たんは昼寝から目覚めたところ。いきなりだったので、心の準備ができてなかったからか、その後しばらくは彼女を見ようともせず、私にしがみついていました。

でも彼女が、康たん憧れの成田エクスプレスに乗ったことがあるという話を聞いてから、「この人は信頼に値する!」と判断したのか、急にフレンドリーになり(笑)家中の電車を彼女に見せ、絵本を読んでもらい…すっかり懐いちゃったよ。康たんにとっては、「電車の話にのってくれる=良い人」らしい。
彼女にはなんだか子守をしに来て貰ったみたいになっちゃって、申し訳なかったけどね…

最後に「康たん、我慢してエライッ!」ってエピソードを。
キッチンに置いてあった飴を見つけた康たん。その飴を食器棚の中に入れながら、一言。

「ねぇ、これちゃんとしまっといてよ。康ちゃん、食べたくなっちゃうからさ」

うちはまだ、飴とチョコ(バレンタインの時は特別許可)を解禁していないのです。常日頃から、「虫歯になっちゃうからね」と言い聞かせているので、康たんは忠実に言いつけを守っています。それらを見つけると、「これ、ママが食べて」とか「パパ、あげる〜」とか言って、なるべく早く目の前から消えるように仕向けます(笑)本当はすごく食べたいんだよね〜ほんと、健気だわ。エライぞ、康たん!












沖縄旅行〜4日目〜

 沖縄最終日の朝は、どんより曇り空。今日からしばらく沖縄は曇りが続くらしい。昨日までは晴天だったから、ほんとラッキーだったね!このホテルとも今日でお別れ、11時のチェックアウト時間ギリギリまでいて、出発しました。スタッフもみんな笑顔で親切だったし、朝食も豪華で美味しかったし、本当に良いホテルでした。また来たいなぁ〜

レンタカーを2時までに返さなきゃいけないので、あんまり遠くに行けるわけでもなく、琉球ガラスの店に行った後は、道の駅で珍しい野菜や果物が売られているのを見たり、お土産を買ったり。もう買うものもないし、行く必要もないかな…と思いつつ、半端に時間が余ってしまったので、国際通りへ。

もう沖縄は、お花見シーズンなんだよね〜猫ちゃんも気持ちよさそうに、お昼寝してるよ。



自分より大きな動物は触れず、小さい動物は大丈夫な康たん。
「猫ちゃん、可愛いねぇ〜」



国際通りで、なぜか変な看板発見。康たんの大好きなバズライトイヤー。康たんの表情が、かなり笑える写真が撮れました(笑)



国際通りには30分ほどいて、モノレールで空港へ。結構ギリギリの時間になってしまいました。沖縄、楽しい時間をありがとう〜!とっても楽しかった!もっともっと行きたいところはあったので、また来年来よう!パパが「どこにそんなお金があるんだ」って顔をしていますが(笑)

家に着いたのは、夜8時頃。旅行は楽しかったけど、やっぱり自分の家はホッとするね。康たんもいつものオモチャや絵本を取り出して、嬉しそう。旅行は我が家の良さを実感する機会にもなるのねぇ。
明日はお休み最後、疲れを癒しつつ、一日遅れのバレンタインチョコを作る予定です!



沖縄旅行〜3日目〜

昨日は移動が多かったので、今日はホテルから1時間以内のところを見てまわる予定。まずは口コミでお勧めだった、東南植物楽園へ。ヤシの木などの亜熱帯の植物を、トラムという電動電車に乗って見て回れるの。

入り口にはなぜか今年の干支の牛が何頭も。康たんは一頭ずつ乗ってまわっていました。

「カラフルな牛さん〜」


園内は普段は目にできない植物ばかりで、外国に来たような気分!小さいけどキッズ広場があったり、ヤギがいたり、鯉に餌をやったり。全体的にのんびりと散策できて、やや疲れが出てきた3日目にはぴったりの場所でした。

ヤシの木に登ってみた(笑)            「大きなガジュマルの木があったよ〜」
 
     

しかし沖縄はさすがに暑い!もうゴールデンウィークくらいの陽気!冬のコートなんて、邪魔なだけでした…もっと半袖を持って行くべきだったかも。

お昼頃まで植物園でのんびりして、さて午後はどうしよう…するとパパが恨めしげに、「ねぇ〜ドラゴンズのキャンプにちょっと行こうよぉ〜と切り出した。そう、今はプロ野球の春季キャンプが沖縄のあちこちで行われているのです。私は全く興味なかったんだけど、あんまり行きたそうなので、しぶしぶ了解。また運良く(?)ドラゴンズのキャンプはすぐ近くでやってたんだよね。

パパ、超嬉しそう〜康たんは…眠そう。


 
有名な選手もいたようで、ちょうど球場から出て移動するところに居合わせ、報道陣と共にパパもビデオを抱えて、追いかけて行ったのでした(笑)良かったねぇ〜パパ。

ドラゴンズの後は、ホテルから車で5分ほどのところにある「むら咲むら」という体験施設へ。ここはシーサーの色付けや三線教室など、色々なことが体験ができるのです。一通り見て回って、漆喰シーサーの色付けをすることに。

パパと色の構想を練って、まずは白で全体を塗ります。康たんはここまではやらせても大丈夫と判断し、一緒に塗りました。後は細かい作業なので、絵の具遊びをして気を紛らわせてもらったよ。

白で塗ったところ。              そして完成がこちら〜

 

口を開けているのが、オス。閉じているのがメス。オスが福を呼び寄せ、メスがそれを留める役割をするんだとか。なかなか良い出来でしょ?ベランダに飾る予定です!これで我が家にも福が来るぞ〜

むら咲むら、あちこちにシーサーがいて一つずつ表情が違って面白かった!普通の家の門や小学校にも当たり前のようにシーサーがいて、沖縄の守り神なんだなぁと実感しました。

早めの夕飯を食べた後、ホテルに戻ってパパがやりたいと言っていた、三線教室へ。ホテルの中でも色々体験できるのです。弦は3本だけだし、比較的簡単だったんだけど、何せ康たんが自分でもやりたがってちっとも集中できず…ギターが弾けるパパは、すぐにコツをつかんで弾いていて、先生に褒められていたよ。

3日目は近場だけだった割に、充実してた感じ!もう明日は最終日、あぁ〜楽しいことはあっという間だね…4時の飛行機なので、ゆっくりできるけどね。






calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
くまのコールテンくん (ビッグブック)
くまのコールテンくん (ビッグブック) (JUGEMレビュー »)
ドン・フリーマン
康たんが大好きな絵本です。コールテンくんの飾りのない素直な言葉は、読んでいて癒されます。
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座