スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.06.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ワイルドアニマル&マイナスイオン&ショッピングの旅

 今週末は義妹夫婦&さっくんと、富士サファリパークへ行ってきました!康たんもさっくんも、何日も前から「明日はさっくんと(康ちゃんと)サファリパークに行くんだよ」と言い続け、やっと当日(笑)
残念ながらお天気は雨…しかもサファリに着いてみたら、激寒っ!!さすが山奥です。

でも若い二人に寒さなんて関係ない!レインコートを着込んで、さっそくハイテンションになる二人。

「準備はバッチリ!」


週末はすぐに売切れてしまうというサファリバス(ゾウとかライオンとかの形したバス)のチケットも、お天気が悪くて人が少ないのか無事ゲットできました。乗るのはライオンバス!大人もレインコートを買って、いざ野生の王国へ!



「ライオンに会いに行くよ〜」



私はサファリパークに来るのは2度目なんだけど、サファリバスに乗るのは初めて。クマとライオンとラクダに直接餌をあげられるんだって!

左がライオン用のお肉。右はクマさん&ラクダさん用です。


餌は鉄のハサミではさんで、鉄格子の間から出してあげるんだけど、康たんは怖いらしく自分ではあげませんでした…

クマさんがこんな近くに!             

  


そして大迫力のライオン!

 

普通の動物園と比べて、動物達の動きがイキイキしていて、野生のワイルドさが感じられたよ!ライオンなんて何十頭いるんだ?!って感じ。1周約50分かけてまわったんだけど、動物達に見とれているとあっという間!まぁ途中から康たんは「お腹空いたねぇ…」なんてつぶやいてたけど(笑)そうだね〜動物達が美味しそうにご飯食べてるの見てると、お腹空いちゃうよねぇ。

ドキドキのサファリバスを降りたら、すぐにレストランへ。康たんは800円もするお子様ランチを所望。

「だってお腹空いたしぃ〜」


もちろん、完食いたしました。もう私達のご飯を分け与えるのは無理があるみたい…あぁ、食費が〜

その後は歩いてまわれるふれあいコーナーに行って、リスザルに餌をあげてみたり、念願のカバに会ったりしてから、お宿に向かいました。雨のせいで展示を中止してた動物もいたし、今度はまた晴れた時に行きたいなぁ!

さて、お宿は白糸の滝まで徒歩5分という、「ホテル白糸」というところ。外観は古ぼけていて、トイレは共同だし、露天風呂もないんだけど、お食事が美味しいし子供に優しいというウワサ。確かに昔懐かしい感じの宿だったけど、フロントの人も案内の人も、とっても感じが良い。馴れ馴れしくもなく、そっけないわけでもなく、まさに「程よい接客」でした。そしてご飯が確かに美味しかった!古さはあったけど、お掃除も行き届いていたよ。

ロビーにはこんなカメさんが。


夕食の後、ママ生まれて初めて卓球をしました!義妹には、「初めてとは思えない」とお褒めの言葉を頂き、何度もやったことがあるというパパに惜しくも1点差で敗れるも、次回は勝てるな〜って感じでしたわ〜オホホホ(笑)

遊び疲れてみんな9時半頃には就寝。康たんとさっくんは常に一緒に行動し、二人でいるのが楽しくってしょうがないって感じでした。さっくんは康たんを子分だと思っている様子。「康ちゃん、○○しなさい!」なんて注意していたよ(笑)

ぐっすり眠って一夜明け、外は曇り空。本当は宿の真ん前に富士山がどどーんと見えるはずだったんだけどねぇ…残念ながら、裾野の一部がチラッと見えるだけでした。次回必ずリベンジに来なきゃ!でも雨は降っていなかったので、白糸の滝を見に行きました。マイナスイオン、全身に浴びるぞ〜

大迫力の白糸の滝!康たんもさっくんも滝を見るのは初めて。


更にちょっと歩いて、音止の滝にも行ってみました。繊細な感じのする白糸の滝に比べ、こちらは勇壮な感じ。ドドーッと音をたてて、水が落ちていく様子はすごかったよ。


滝を見た後は、下道を1時間ほど走って、御殿場プレミアムアウトレットへ。初めて行ったけど、すごい広い〜!いつも行くアウトレットに比べ、店の数も豊富だったし質も良い気が。夕方には家に着きたいしそう長居はできないので、直感勝負で次々選ぶ私達。良い買い物ができました!

4時頃自宅に戻って、さすがにグッタリしてしまったけど、1泊2日の旅にしては内容充実してたなぁ〜
ママは思いがけず服をたくさん買えたのが嬉しかったわ!康たんは「今度はゾウバスに乗る!」と、またサファリパークに行く気満々です。帰り道、何度も「さっくんともっと遊びたいなぁ…」とつぶやいていた康たん。年末年始は帰省するし、またすぐ会えるよ!

新潟、南房総、富士と最近旅行続きだったけど、年内の遠出はさすがに今回で終わりかな。もう本格的な寒さがすぐそこだもんね…極度の冷え性の私には憂鬱な日々がやってくるけど、春になったら行きたいところを今からたくさん考えておいて、何とか乗り切ろう!


真似っこ日帰り旅行

 先週の新潟旅行に続き、今週末も3連休。休み過ぎかも…(笑)なんか休みが多過ぎると、ますますやる気が失せちゃったりするのよねぇ。

とりあえず土曜日は元々予定していた友達とのランチがあったので、康たんも連れて表参道に行ってきました。ベビーカーを持って行かなかったんだけど、康たん表参道ヒルズをブラブラしている間に眠くなってしまい、帰りの電車は抱っこ…荷物と康たん、重くて肩がぬけそうだったわ…次の日しっかり筋肉痛でした。まだまだベビーカーはいりますな。でも、表参道ヒルズは程よい規模で、お洒落で、ウィンドーショッピングしてるだけで心がウキウキしてきました!道行く人もお洒落だし(なんか銀座よりお洒落度高かった)、また行きたいなぁ!

そして昨日は、カイクン、春ちゃんちの旅を参考にさせて頂いて、南房総日帰り旅行に行って参りました!パパの目的は、美味しいお魚を食べること。私の目的は、コスモスを摘むこと!康たんの目的は…どこでもいい、みんなでお出かけすること(笑)

のんびり出発したら、結構道は混んでいて、アクセル&ブレーキを繰り返す運転に私はしっかり車酔い…途中の市原インターで休憩をとることに。ロッテリアの絶品バーガーを初めて食べたんだけど、パンが美味しかった!

「もうクリスマスだって〜」              「クマさんカステラなんて、売ってたよ」
    


休憩して身体を温めた後は、魚料理の店「ばんや」へ向け出発!着いてみたら、人、人、人!ひぇ〜50組待ち…順番が来るまで、船を眺めたり売られている干物を見たり。

「パパの真似〜(鼻の穴に指あてて、パタパタするアホな顔)」



「お魚だらけだよ〜」



ようやく順番が来て、早速注文。ばんや定食B、2100円です!金目鯛の煮つけが美味しかった〜
康たんも一番気に入ってました。


残ったら持ち帰れるってことだったけど、持ち帰る必要もなく…(笑)魚っていくら食べても、もたれないよねぇ。

食べ終わったら早3時半…コスモスつみができる道の駅のホームページをチェックしたら、コスモス摘みは3時までだって。間に合わなかったか〜でも、せっかくだから、満開のコスモスを見に行くだけでも行ってみましょ〜と行ってみたら…まだやってる!好評だから、4時までに延長したんだって!ラッキ〜!

春ちゃんのブログを見て、子供の長靴があった方がいいのかなと思って持っていったんだけど、普通の靴で大丈夫でした。一人10本、康たんのも入れて30本も摘めたよ〜

「コシュモシュ、満開!」 何回言っても「コスモス」が「コシュモシュ」になる康たん(笑)


「こんなに摘めました〜」



枇杷ソフトクリームも食べに行きたかったけど、もう時間も遅くなり寒くなってきちゃったので、またの機会にして帰ることに。帰りも大渋滞で、私と康たんは途中まで爆睡。パパ、お疲れ様でした!
う〜ん、秋を満喫してるなぁ。来週は、さっくん達と現地で待ち合わせて、富士サファリパークへ行ってきます!…って遊びすぎでないかい?我が家…ま、本格的に寒くなると行けないし、いっか〜


きらきらの旅〜3日目

 今日は最終日。明日から保育園&仕事なので、ゆっくりしたいところだけど、お昼過ぎの新幹線で帰ることに。康たんはご先祖様にお線香をあげ、チーンとやり、手を合わせ…「また来るね〜」と言っていました(笑)

私たちが寝かせてもらったお部屋には色々日本人形やら置物があったのですが、ひとつ気になるカエルの置物が。康たんは最初「怖い〜」と言ってたんだけど、これは家宝なんだって。康たんのひいひいひい…おじいさんが彫ったもので、その方は蘭学を学んだり彫刻を学んだりととても優秀な人だったらしい。当時本は高級品だったので、蘭学の本を全て図から文字から書き写したものも残っていて見せてもらったんだけど、その細かさや地道さにただただ驚くばかりでした。

康たんのひぃジィジもジィジもコツコツ真面目な性格だけど、そういう性質も遺伝するのね、きっと。康たんもきっと努力家になるでしょう。

「そんなのまだわかんないけどね〜」


ひぃひぃひぃ…おじいちゃんも、まさか自分の血をついだ康たんに、このカエルを抱っこされるとは思っていなかっただろうなぁ(笑)でも本当にリアルで、いまにも動きそうな彫刻でした。

歴史ロマンを感じた叔母さんの家を出て、新発田城にちょっと寄ったあと、慌しく電車に乗り込みました。叔母さん、2泊も本当にお世話になりました!また遊びに行くね!

昼食は新潟駅で駅弁を買って、新幹線の中で食べることに。康たんと私は「雪だるま弁当」です!
眉毛や鼻は動かせて、食べ終わったら貯金箱になるんだよ〜

     

4時過ぎに自宅に無事戻りました。康たんは旅行中咳や鼻水が出ていたものの、ご機嫌も良く楽しんでいました。広大な海を眺めたり、歴史を感じたりしながら色々思うことあり、感慨深い旅になりました。最近精神的にも肉体的にも疲れていたこともあって、良い刺激になりました。やっぱり旅っていいね。叔母さん、本当にお世話になりました!



きらきらの旅〜二日目

 新潟は朝から曇り空。でもこれから向かう山形は、バッチリ雨の予報なんだよね…目的地のあつみ温泉は、あちこちに足湯があったり川辺を散策できたりするところなんだけど、雨じゃ無理だな…どこかの旅館の立ち寄り入浴に行くか…などと、思いをめぐらせる私。そんなことは露知らず、康たんは朝からハイテンション!

出発までまだ時間があったので、庭に出て野菜の収穫をすることに。

「ナスです〜」                      「お次はミニ大根です〜」
      

「これはゴーヤっていうんだって!」       「大好きな柿がいっぱい!」
     

広〜いお庭には、あちこちに収穫できるものがありました。康たんは宝物を見つけたような顔をしながら、嬉しそうに収穫していたよ。自分でとった柿を大事そうに持っていました。こういう体験はたくさんさせてあげたいものです。

収穫の後は叔母さんに送ってもらって、新発田駅へ。きらきらうえつに乗ります!

「おぉ〜きたよ〜!」


予想以上にカラフルで綺麗な電車!4両しかなくて、1両は喫茶室になっています。

「運転席からの眺めはいいね〜」             「海がすぐ側だよ〜」
 

お昼は喫茶室で、きらきらうえつ弁当を食べました!味もなかなかでしたよ〜
 

「きらきらしてるぅ〜美味しそう〜」


1時間ちょっとで、あつみ温泉に到着。やっぱり雨だったけど、立ち寄り入浴させてもらった旅館は庭園があって、なかなか良い雰囲気。人が少ない時期なのか、雨だからなのか、お風呂はガラガラで貸しきり状態!露天は適度な温度だったので、康たんも入れました。

休憩室で足マッサージ。無料だったから、30分くらいやっちゃったよ〜


のんびりまったりしたあとは、私が行きたいな〜と思っていた喫茶店へ。足湯をしながらスイーツを食べたりできるところだったんだけど、今日は雨だから足湯は無理。でも店内は色々な作家の陶器やランプが置いてあったりして、素敵な雰囲気。囲炉裏側の席に座って、ママはあったかい白玉ぜんざい、パパはオイモとココナッツのぜんざいを注文。超美味でした!

囲炉裏とぜんざい、素敵じゃな〜い?器もお洒落だったよ。


店内はピアノ音楽が流れていて、しとしと降る雨を眺めながらほっこりして、何だかムーディな気分。3歳の子連れということを一瞬忘れさせてくれるような、素敵な時間を過ごせました。またぜひ来たいお店です。

タクシーであつみ温泉駅まで戻り、またきらきらうえつに乗って帰ります。10月は途中駅で1時間停車し、海に沈む夕日を眺められるらしいんだけど、今日みたいな日は夕日は見れないし、1時間も停車するなんて無駄じゃない?と思ってたんだけど…

下車してみると地元の人たちが、特産の海苔が入ったお味噌汁やお酒、お菓子などをふるまってくれたよ!お味噌汁が身体にしみて美味しかった〜早速売店で同じ海苔を買っちゃいました。夕日は見れなかったけど、お腹は満たされたよ〜

「また乗りたいな、きらきらうえつ!」


雨は残念だったけど、何だか大人な時間を過ごせた一日でした。康たんはきらきらに乗れただけで大満足!だったみたいです。



 



きらきらの旅〜一日目

 今日から2泊3日で新潟・山形へ旅行に行きます!康たんは、金曜日の保育園帰り、先生に自慢げに「明日新潟行くの!きらきらうえつに乗るんだよ!」と言ってたよ(笑)

今回の旅の目的は、日本海沿岸をずっと走る「きらきらうえつ」という快速電車に乗ることと、新発田(しばた)に住んでいる私の叔母の家に行くことです。

朝9時12分発のMAXときに乗って、いざ出発!眺めの良い2階席をとったのに、康たんたら発車5分ほどで「まだ降りないのぉ〜」だって。もう飽きたのかよっ!(笑)売店に行ったりトイレに行ったりして何とかやり過ごし、1時間40分程で新潟駅に到着。お蕎麦の昼食を食べて、「マリンピア日本海」という水族館に向かいました。

イルカのショーも見れたりして、結構な規模だったよ。田舎(すいません)だからか、人もあまりいなくてゆっくり見てまわれました。

「ロブスター、でかっ!」

私が一番気に入ったのはウミガメ。人懐っこく寄ってきてくれました。あんなに間近でカメの顔を見たのは初めてかも。目がクリクリして可愛かった!

一通り見終わり、叔母さんの家がある新発田駅まで1時間に1〜2本しかないローカル線で向かいました。まだ約束の時間まで結構あったので、温泉に寄ることに。康たんにはお湯が熱すぎて、足しか入れなかったんだけどね。お肌ツルツルになって、気持ちよかったよ。

6時過ぎに叔母さんが迎えに来てくれました。家も敷地も広くてビックリ!康たんも嬉しそうに長い廊下を行ったり来たりしていました。この日の夕食も、次の日の朝食も叔母さん手作りのお料理がたくさん並び、「お料理は苦手…」なんて謙遜していたけど美味しかったよ!パパは新潟の上等なお酒をもらって、叔母さんと二人で大瓶を二日であけていました。「上等な酒は翌日に残らない!」んだそうです(笑)

さぁ、明日はお待ちかね、きらきらうえつに乗るぞ!



ぶどうはやめた

今日は平日だけど仕事は休み。週末の旅行の準備や掃除、色々としたいことがあったので、康たんは保育園に預ける予定だったんだけど..「保育園、行かない!」と涙ながらに訴えるので、仕方なく休ませることに。まぁ鼻水出てるし、熱でも出されたら大変だからゆっくりさせるのもいいかな。

掃除洗濯をすませてから、郵便局やスーパーや薬屋をはしご。途中「お腹空いた!」と言うので、ドトールでお茶。豆乳ラテにマフィンとクリームパン、おやつにしちゃ食べ過ぎちゃったね汗

昼ご飯を食べお昼寝させようと布団を敷くも、全然寝る気配のない康たん。私が先に寝てしまい、「ママ、そろそろ起きて〜」と言われる始末。「ちょっとだけでも寝ておいた方がいいよ!」と言うと、素直に横になったけど、10秒位じっとした後「起きるか!」だって(笑)ダメだこりゃ!

結局一睡もせずだったけど、一日機嫌良く遊んでました。「今日は楽しかったね!」だって。普段頑張ってるんだし、たまにはこういうママベッタリのんびりの日もいいよね。お片付けや洗濯物たたむのまでやってくれて、助かっちゃったよ!

「上手にたためるんだよ〜」
Image338.jpg



夕飯の時のヒトコト。
ママ「康ちゃんは大きくなったら何になるんだっけ?」

康「新幹線の運転手!」

ママ「え?!ぶどうじゃなかったの?」

康「ぶどうはみんなに食べられちゃうから、やめたんだよ..」

すごく残念そうに言うので、思わず吹き出しちゃいましたたらーっ
旅行まであと二日!鼻水出てるのが気になる〜悪化しませんように!


面白語録

<その1>
お風呂でのヒトコマ。
母「康ちゃんのお尻は可愛いねぇ〜食べちゃいたいねぇ〜」

康「ダメだよ、お尻は食べるものじゃないでしょ」

母「じゃ、何するもの?」

康「プリプリするものでしょ(とオシリを振る)」

母大笑いたらーっ

<その2>
母「康ちゃんほど可愛い子はいないねぇラブ

康「(口をとがらせて)いるよ!」

母「え?どこに?」

康「ここに(と自分を指差す)」

母また大笑いたらーっ「康ちゃんほど」という表現はまだ理解できないらしい(笑)

<その3>
私のパールのネックレスや髪飾りを見つけて一言。
「あ〜カワイイ〜ラブこれ、お姫様の〜?」

乙女チックなのは、やはり乙女座だからか..その後ネックレスを頭にかぶせて「王子様だね」と言ってあげたら、嬉しそうに鏡を見に行った康たんです(笑)

<その4>
康「康ちゃん、パルシステムに行きたいなぁ〜」

母「なんで?」

康「パルシステムの踊りを一緒に踊るんだよ」

母「どんな踊り?」

康「パルシステ〜ム、パルパルパルパルパルシステム!」(と歌いながら奇妙な踊りを披露)

どうやらパルシステムというところに、あのCMの牛が住んでいると思っているらしい。奇妙な踊りが笑わずにいられなかったよ(笑)

最近「そろそろ○○するか〜」とか「そういえばこの前○○だったね」なんて、大人びた喋り方をしたりするので可笑しくってたまりません。会話が一番楽しい時期なのかもね〜



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
くまのコールテンくん (ビッグブック)
くまのコールテンくん (ビッグブック) (JUGEMレビュー »)
ドン・フリーマン
康たんが大好きな絵本です。コールテンくんの飾りのない素直な言葉は、読んでいて癒されます。
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座